ゆずっこママが使用しているCBDの会社KANNAWAYについて

Pocket

ゆずっこママが使用しているCBDの会社KANNAWAYについて

 

このページではCBD業界について随一と言っても過言ではない「KANNAWAY」という会社について、

また実際私が使って
「こうなったよー」
などといったことを紹介したいと思います。

 

これまでいろいろとCBDの可能性やどんなものなのか、というのを読んでいただいたと思います。
ここで大事になってくるのがどんな会社のCBDを取り入れるか、ということです!

 

KANNAWAYの説明についてはこちら➝KANNAWAY

から見ていただいたらいろいろと細かいところもわかるかと思います。

 

ただ、たくさん読むことも多いですので、本当に簡単に説明させていただきますね♡

 

KANANAWAY(キャナウェイ)と言う会社はアメリカいわゆるUSAの企業です。
そして、今は支社がヨーロッパ、ロシア(2020.1)にあります。
日本支社も2020年に立ち上がります。

 

このキャナウェイという会社は親会社に
「medical marijuana(メディカル・マリファナ)社」
という会社を持っています。

 

 

そしてその「メディカル・マリファナ社」のCEOが実はとんでもなくすごい人なんです!!!!!

そのCEOは「スチュワート・タイタス博士」と言う方なのですが。
本当にすごい人&素敵な人なんです✨

(アタクシも実際お会いして、一緒に写真を撮っていただきました♡)

非常に簡単ではありますが、説明させてもらいますね( *´艸`)

 

タイタス博士はCBD研究の第一人者でもあり、
アメリカの大麻についての法律を変えるためにいろいろ奔走し、
WHOでの講演をしたり、アメリカでのTVなどメディアでCBDが取り上げられるときに
必ずと言っていいほどタイタス博士がコメントを発しています。

 

いや、アメリカの番組って言ってもどうせ聞いたことないような局とか知らんような雑誌が紹介してるんしょ?
とか思った、アナタ!
ちゃいまっせ、ちゃいまっせ!

 

例えば、FOX、CBS、abc、THE WALL STREET JOURNAL、Forbesなど。

大阪の、パスポートを持っていない、アメリカに行ったことがない私でも知っている放送局などです!

 

これだけじゃないんですよ。
もっといろいろあるんです✨

 

Yahoo!やgoogleなどで「スチュワート・タイタス博士、メディア」と検索してみてください。
(英語でないと引っかからないかもだけど…)

 

いや、
「メディアに影響力があるからタイタス博士が素敵なんだと映るだけなのよ」
なんて勘違いされると私個人的にはちょっと嫌なのです。

 

私が素敵だと思ったのは、数々のメディアに取り入れられたから、ではなく。

いいですか?
耳の穴、かっぱじって、
眼ひんむいて!
これから下の記事を読んでくださいよ。

 

2014年にタイタス博士は自腹で自社で作った製品(CBD関連商品)を
南アメリカ(ブラジル・プエルトリコ・パラグアイなど)に持って行って、
癲癇(てんかん)で苦しむ人たちのために使いました。

※このときすでに癲癇にCBDは期待できるという臨床結果を得ていました。

 

CBDを実際患者さんに使いました。
すると、癲癇の患者さんの症状がみるみるよくなってくる。

しかしここで問題が!

しかし南アメリカには貧しい方がたくさんいる。
しかも、CBDは高価であり、全額負担になると患者さんのお金に対しての負担が大変なことになる。

 

ということを目の当たりにし、タイタス博士はなんと
連邦政府に訴えかけて、国の法律を変えたのです!!!!

 

いまではこのCBDを使って治療行為を行うということは
国の保険でカバーされているの南アメリカのある国では無料で受けられる国もあるんだそうです。

 

この行為が本当に素晴らしい✨と思います。
本当に尊敬して、この素晴らしいお話しを聞いたときに思わず泣いてしまいました!
(もちろん、感動して、ですよ?(笑))

 

実際、お会いしたタイタス博士も物腰の柔らかい素敵な紳士でらっしゃいました♡

 

いかん、タイタス博士の完全にファンだということを説明しただけになってしまった…。

 

まぁそういうCBDについての本当の専門家が親会社のCEOということで
ここは本当に信用できるところだと思います。

 

製品と麻の性質について

麻(HEMP)というのは土からたくさんのものを吸収し、吸い上げる性質を持っています。
土壌からいろんなものを本当に吸収してくれるんです。
つまり、いい土地で余計なものを使わず成長すれば安全で安心な麻(HEMP)を育てることができると言えます。

 

この土地と言うのがすごく重要なんです!!!!

 

日本ではご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、
福島の土をきれいにするために麻を育てています。(なんども言いますが麻は何でも吸収しますよ。)

土壌汚染されている場所の場合それを麻がすべて吸ってしまいます。

世界中の麻の6割が中国で栽培されていますが、検査をすると水銀などの成分が入ってるそうです。
このように汚染された土でできた麻のオイルを摂取しようと思いますか?

CBDも体内に吸収されるけど、水銀も吸収しちゃいますよ?(-_-;)

 

 

KANNAWAYではポーランドとオーランドに専用の農場があり、そこで農薬を使わない有機栽培をしています。
そしてヨーロッパで抽出して加工などはアメリカで行い、
製品化して私たちの手元に届くようになっています。

 

余談ですが。

この会社ではないヤングリビング社というところのエッセンシャルオイル
(分かりやすくいうとアロマオイル)を私は使っているのですが、
この会社も同じように、世界中から農薬の使われていない土地を創設者自らが足で歩いて探し、
専用の農場を構えそこで様々な植物(例えばラベンダー、ペパーミントなどなど)を作っています。

 

なので、CBDオイルも麻がどこで摂れてどんなふうにして
自分の手元にやってくるのかは気にした方が私はいいと思います。

 

安全な麻から採取していることはお分かりいただいたかと思います。
ただ、それだけではKANANAWAYは製品のGOを出しません(笑)

 

KANANAWAYは自社で3回品質テストを行います。

非常に厳しいチェックです。

 

1回目…麻(HEMP)を刈り取った時
2回目…抽出してボトルに入れる前
3回目…ボトルに入れた後

 

しかも、これは3回とも同じ場所で行うのではなく、全部違う場所でチェックされるのです!!!

 

すごくないですか???💛

 

そして

「US Hemp Authority Certified」というアメリカの安全マークも取得しています。

 

そしてKANANAWAYの一押し製品の「ピュアゴールド」は
「The U.S. Dprescribers’ Digetal Reference」というアメリカで
どの病気にどの薬やサプリメントが効くかという、
処方ガイドライン(処方箋)に載った最初の企業なんです。

この会社、とんでもなくないですか??

 

一つお話し忘れていたことがあります。

 

さんざん「有機栽培の」、とか「麻からとった」と言ってきてCBDですが、
実は植物から採った「植物由来」の天然のCBD以外にも化学的に作られた合成のものがあります。

 

天然由来のカンナビノイドに対してこのように化学的に作られたカンナビノイドを「合成カンナビノイド」と言います。

 

名前は同じ「カンナビノイド」「CBD」と表記されますが、天然のカンナビノイドと合成カンナビノイドは全く違うものです。

 

製品説明とは異なりますが、これも研究結果で歴然とした差が出ています。
とても長くなるので簡単に言いますと。

 

・合成カンナビノイドは天然カンナビノイドよりも服用者の健康に大きなリスクをもたらす。
・合成CBDは天然CBDの代用としてしようしてはならない。

という臨床結果、結論で終わっています。

 

KANANAWAY社のCBDは長々と説明したとおり、種を植えて農場から天然成分でCBD製品を作り、
出荷するまで自らの会社で行っており、この部分に関しても安心安全で言えると思います。

 

これだけ色々な臨床結果、説明を読んでみて
「使わない」
または
「ビジネスとしてとらえない」
のは本当にもったいないと私は思います。

 

2020年、日本でもすでにCBDがえらいことになるということはビジネス誌や医療の分野でも出てきています。

 

どうですか?

使ってみたくなりましたか?
参入して見たくなりましたか?

 

ご用命あればいつでもどうぞ♡
私はいつでもwelcomeです( *´艸`)
LINE@からも質問受け付けますよん♪

※ビジネスとして考えている方はビジネスチームに招待しますので必ずLINE@にご連絡ください。
とっても素敵なチームメンバーのサポートが受けられます✨

私も全力でお手伝いします♡

 

以下興味がある方でビジネスとして考えている方…ブランドアンバサダーへ、

まずは製品を購入したい方…製品購入

 

KANNAWAY

 

興味のある方はこちらからいろいろ見てみてください♪

以下ほかのテーマへのリンクです。

世界が注目するCBDとは?
マリファナとHEMPの違い
日本と麻の歴史について
麻の世界の歴史について
CBDの医療的効能の可能性について
CBDの医療的効能の可能性について②
CBDの美容やダイエット効果について
内因性カンナビノイドシステムについて
CBDとペットについて
空前絶後のグリーンラッシュ。今これからのカンナビスについて
CBD以外にも麻からとれる有効と言われている成分CBN
CBD以外にも麻からとれる有効と言われている成分CBG


スポンサーリンク



 

LINE@です。
こちらから連絡くださいませ♡

@byu3939k

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。