内因性カンナビノイドシステム(ECS)について

Pocket

○内因性カンナビノイドシステム(ECS)について

 

 このカテゴリーはちょっと専門的な話になっています。
医学的な面が多いので、これを知っていたら賢い人と思われるかもしれません( *´艸`)

 

私も何度も聞いて、やっと理解することができました。

 

私たちの体の中にも実は「カンナビノイド」が存在しています。
この「カンナビノイド」のことを「内因性カンナビノイド」と呼びます。
そのことについて触れます。

 

本当に完全にお医者さんが勉強する分野に入ってきます。
ですので難しいと思いますが、一番最後に超簡単に説明しますので
よーく読んでみてください♡

 


スポンサーリンク



 

人間の体内には、
地球上で生きていくために本来備わっている身体調節機能=ECS(エンド・カンナビノイド・システム)
というのが存在しています。

この「エンド・カンナビノイド・システム」を日本語で直訳すると
内因性カンナビノイドシステム」と言います。

 

このESCは、食欲、痛み、免疫調整、感情制御、運動機能、発達と老化、
神経保護、認知と記憶などの機能を持ち、細胞同士のコミュニケーション活動を支えています。

つまり、このエンド・カンナビノイド・システムによって
私たちの体をスムーズに動かすことができている、ということです。

ここまではOKですか??

 

ESCは、1990年代に発見された「アナンダミド」と「2-AG」と呼ばれるカンナビノイドと
それらを結合する神経細胞上に多いカンナビノイド受容体「CB1」、
免疫細胞上に多いカンナビノイド受容体「CB2」などで構成され、全身に分布しています。

簡単にいうと、脳および中枢神経系(CB1受容体)及び、
内臓・腸(CB2)に受容体部位が存在しています。

 

受容体というのは読んで字のごとくその成分をキャッチする場所、といったところでしょうか。

その受容体である「CB1」や「CB2」が
それぞれ体内のカンナビノイドをキャッチして伝達していきます。

 

そして、脳のCB1神経伝達物質受容体は、
他の神経伝達物質の受容体部位を全て合わせたものより多くの受容体部位を持っているのです。

 

つまり、現在多くの研究者は、
私たち人間(及び、馬、犬、猫、魚を含むすべての哺乳類生物)は

植物ベースのカンナビノイドを受け入れるように設計されており、
この広範囲に及ぶ自己調節システムの機能を補完するものであると結論を付けています。

 

うーん。
これ読むとなんのことだか、って感じですが、
つまり

 

脳がある生き物は脳にたくさんの受容体を持っている。

そして、これらの受容体は植物から採れる植物ベースのカンナビノイドをキャッチするものであり、
それをキャッチして円滑に体のシステムを動かすのに一役かっている、ということでしょうか。

 

 

この受容体「CB1」と「CB2」の場所は男女によって多少違いますが、
以下の図のように似通った部分に存在しています。

 

 

 

簡単にまとめると、

 

CB1 = 脳の受容体 ➝ 神経 に作用する
CB2 = 消火器の受容体 ➝ 免疫調節の機能に作用する

 

とまとめることができます。

 

 

最近の研究では、ESCは、外部からの強いストレスを受けたり、加齢に伴う老化によって、
働きが弱まったり、いわゆる「カンナビノイド欠乏症」というものになることがわかってきました。

そして、この「カンナビノイド欠乏症」になると、様々な疾患になることが明らかになってきました。

 

つまり、カンナビノイドは人間が生命を正常に維持するためにも
必要な物質であるということなのです。

カンナビノイドがあることでスムーズに動いている体の機能がなくなることで
障害が生じる➝傷病になるということなんですね。

 


スポンサーリンク



ちなみに、脳に存在しているCB1受容体が管理していることはこんな風になっています。

 

基底核:計画、運動開始

側坐核:動機、報酬系

視床下部:食欲、性行動

扁桃核:感情、恐怖、不安

海馬:記憶

脊髄:嘔吐、疼痛抑制

小脳:運動協調、バランス

など。

 

実はこの脳の受容体は妊娠後16日目から機能しているのです!
赤ちゃんが、ですよ!

これは本当に驚きです✨

まとめとしますと。

 

エンド・カンナビノイド・システム(ECS)とは
カンナビノイドをガソリンとして生き物が生きるうえでバランスを整えたり、
調整したりすること。

 

そして、

 

カンナビノイドは受容体によってキャッチする場所があり、
それぞれがそれぞれの役割をもって動いてくれる

ということ。

 

つまり、カンナビノイドが体内から不足すると体にガソリンが無くなるわけなので
体調が悪くなったり気分が沈んだりするという不調になる、ということ。

 

そしてそのことを「カンナビノイド欠乏症」と言います。

 

なぜ「カンナビノイド欠乏症」が昨今言われるようになったのかは、
日本と麻の歴史について」や「麻の世界の歴史について
の章を読んでいただけるとわかると思います。

 

この章は内因性カンナビノイドシステム、エンド・カンナビノイド・システム(ECS)についてのお話しでした。

 

興味のある方はこちらからいろいろ見てみてください♪

以下ほかのテーマへのリンクです。

世界が注目するCBDとは?
マリファナとHEMPの違い
日本と麻の歴史について
麻の世界の歴史について
CBDの医療的効能の可能性について
CBDの医療的効能の可能性について②
CBDの美容やダイエット効果について
CBDとペットについて
空前絶後のグリーンラッシュ。今これからのカンナビスについて
CBD以外にも麻からとれる有効と言われている成分CBN
CBD以外にも麻からとれる有効と言われている成分CBG
ゆずっこママが使用しているCBDの会社KANNAWAYについて


スポンサーリンク



 

LINE@です。
こちらから連絡くださいませ♡

@byu3939k

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。