マリファナとHEMPの違いについて

Pocket

○マリファナとHEMPの違いについて

 

 前の章では「CBD」についてのお話しをしましたね。
この章ではこのCBDを知るうえでどうしても外せない、
「マリファナ」と「HEMP(麻)」の違い
についてのお話しをしようと思います。

 

日本では覚せい剤と一緒で手にしたら捕まってしまう
世にいう一般的なイメージの「大麻」についてのお話しです。

 

大麻というかこの子たちには種類がありまして、その違いですね。
本カテゴリーはそこを詳しく説明してます。

 

大麻という日本語を英語で直訳すると
「カンナビス(cannabis)」
という名称になります。

 

このカナビスは、カンナバエ科という中の植物のグループ名です。
グループ内には様々な植物があり、さまざまな使い方があります。

 

そしてカンナビスは主に2種類の植物で知られています。

それが「麻(HEMP)」「マリファナ」になります。

 


スポンサーリンク



 

この二つは同じように見えるかもしれないのですが、実際には非常に異なるものなんですよ。

まず、写真を見比べてみてください。

 

       

⇈HEMP

 

⇈マリファナ

 

どうです?

 

なんか違くないですか??

 

見た目で違うってのがわかると思います。
もっと詳しくこの両者をさらに比べてみましょう(*’ω’*)
※ちなみに世界での話と思ってください。日本では見かけることはないので。

 

麻(HEMP)

  • 背が高くて長い(3~6メートルの高さまで成長します)
  • 高濃度のCBD(カンナビジオール)(非中毒性&非精神活性)を含んでいます
  • 工業用にも使用されています
  • 世界中で主に繊維用として栽培されており、織物などで使われています(リネン)
  • HEMP食品はアメリカの健康食品店で販売されています

(HEMPシード、HEMPオイル、HEMPプロテインパウダーなど)

※HEMPシードはカナビスサティバとして知られる植物の種子のこと

https://g.co/kgs/yVJMuK ←カナビスサティバの説明

 

 

マリファナ

  • 短くてふさふさして生い茂ります(おおよそ1メートルほど、腰くらいの高さまで成長)
  • 高濃度のTHC(テトラヒドロカンナビノール)(中毒性&精神活性)を含む
  • 連邦レベルで違法
  • アメリカ33州およびワシントンDCで医療用として合法化
  • 精神活性のために栽培されています
  • アメリカ17州が小児癲癇(てんかん)用としてマリファナCBD形態を承認しています
  • 産業用の用途はありません。
  • アメリカ11州で嗜好用目的で合法化

 

 

私たち日本人はこの二つ(マリファナもHEMPも)を一緒にしてしまい、
いわゆる医療大麻も大麻だし

大麻=マリファナ=怖い。危ない。捕まる。

と思っているんだと思います。

 

何を隠そう私もこのことを知るまでは、
「そんな恐ろしいものを使うとかアメリカは頭おかしいんじゃないか!」
と思ったくらいでした(笑)

 

なんでマリファナもHEMP(麻)も全部日本では
「大麻(たいま)」と呼ぶようになったかは、これには実は原因があって。

第二次世界大戦以前は日本でも普通に麻(HEMP)を
生活の中で取り入れていたし、大量に栽培もしていたんです。

 

しかし、第二次世界大戦後、敗戦国となった日本はGHQによって占領されました。
GHQはアメリカ合衆国の機関です。

 

このアメリカがいろいろあって、
1937年に連邦の法律でHEMPとマリファナを同じ扱い、同じ植物にしてしまったのです。

1937年は第二次世界大戦よりも前ですよね。

 

そのアメリカのそのままの法律のままで第二次世界大戦を終えた結果、
アメリカの占領下になった日本。

 

憲法も改正されたし、そりゃ、アメリカの影響を受けないはずがない。

 

こうして、HEMPもマリファナも同じ大麻として取り扱うまま現在の日本になっているのです。

 


スポンサーリンク



 

しかし私は、大きなくくりにカンナビスというものがあり、
その中にHEMP(麻)とマリファナがあるということを知り、
二つは全く違うものなんだと知りました。

今では自分の口から「大麻(たいま)」などとはいうような言い方はせず、
「麻」・「マリファナ」と分別がきちんとできています。

 

例えていうと(私はミカン農家の娘なもんで…)
柑橘類というものがあります。
蜜柑、オレンジ、レモン、グレープフルーツなど。

 

でこの「柑橘類」➝「カナビス科」
この「蜜柑」、「オレンジ」、「レモン」、「グレープフルーツ」➝「HEMP(麻)」、「マリファナ」

 

という感じでしょうかね。

ぶっちゃけた農家としての感想は、「蜜柑」「伊予柑」「オレンジ」などを全部ひっくるめて
「おみかん」とされたくない気持ちがありまして…。

 

そういうものなのだと、分けて考えると医療大麻だの
麻、マリファナだのということに関しては
だいぶ世間一般(日本)で言われていたことが誤解であったんだということに気づきました。

 

さらに深めていくと・・・・。

 

今世界でブームになりつつある今回の注目株「CBD」はこのHEMPに多く含まれていますので、
もちろんマリファナから純粋にそれだけで抽出なんてしてないみたいです(笑)
手間かかるから。

 

中にはマリファナから抽出されたものもあるようですが、
日本の法律に触れてしまうTHCが含まれている可能性が大なので
(もちろんラベルには書かれていませんよ)、
お取り扱いされる方は重々注意&チェックしたほうがいいと思います。
違法なんで(笑)

 

あと、やはり日本は厳格なので、CBDであっても、麻(HEMP)の葉と茎のみ使ってよい部位であって、
種や花から抽出したのは違法になります。
これからCBDがとっても有名になるのですが、もっときちんと厳格に審査されるみたいなので、
ある日その商品が目の前(店頭)からなくなる場合もあるようです。
CBDに関してはきちんと情報がすべて開示されているものを使用したいものです。

 

さて、まとめますと。

CBDはHEMPから抽出され、またそれは日本でも合法的に行われているということです。

 

 

またCBDの話ではありませんが、CBDを抽出する元であるHEMPは
某ヨーロッパの有名自動車会社のB○W社のダッシュボードにも使われたりしています。

またHEMPは麻なので麻(リネン)として衣服として販売されています。

オイルがとれるのでこれもまたヨーロッパの話ですがガソリンの代わりとして
エコなHEMPオイルが使われています。

最近ではHEMP素材で作られた家もあるそうです。
しかもなんとコンクリートより頑丈らしい✨

ここにあげた例は数種類ですが、世界には約5万通りの使い道があるとも言われています。

 

つまりなんでもできてしまう、万能な自然の植物なんです。

 

勘のいい方ならこの「万能な」というところでいろんな業界から追いやられて
危険な、禁止植物に仕立て上げられたということがわかると思います。

 

例えば…CBDオイル  ➝  石油オイル業界が…。

    麻(リネン) ➝  綿業界が…。

などなど。

 

 

どうでしょう?

 

CBDや麻、マリファナのことが少しでもわかっていただけましたでしょうか?

 

もっともっと言えば(別カテゴリーがあるのでここでは簡単に言いますが)

日本ではお相撲さんの一番トップである横綱の廻しには麻が使われていますし、
去年天皇さんが交替して「令和」という時代になりましたが、
その天皇さんが身に着けていた衣服は麻でできていますし、
神社のあの白いひし形がいっぱい連なっている(ごめんなさい、名前がわからないですが)やつ、

あれも本来はすべて麻なんですよ( *´艸`)

そのような特別な、本来は高貴なときに用いられるものんですよ。

 

というように実は
「え?知ってるものの中にあんじゃん!」
ってな具合で存在しているんですよ(笑)

 

おのおのもちゃんと説明で大麻(たいま)を使ってます、っていう説明はしてないと思います。
マリファナで作ってます、なんてのも言ってないと思います。

 

HEMPで作っています。
麻で作っています。
※日本では大麻(おおぬさ)という呼び名もあります。

 

と言うように説明されています。

 

 

なのでみなさん、お分かりいただけましたでしょうか?

 

大麻(たいま)=マリファナ

 

ではないのです”(-“”-)”

 

大麻(たいま)=マリファナ・HEMPという全く違う種類がある

 

ということなのです。
そして一色単に扱わないでいただきたい、ということなのです。

 

 

以上、マリファナとHEMPの違いでした。

 
興味のある方はこちらからいろいろ見てみてください♪

以下ほかのテーマへのリンクです。

世界が注目するCBDとは?
日本と麻の歴史について
麻の世界の歴史について
CBDの医療的効能の可能性について
CBDの医療的効能の可能性について②
CBDの美容やダイエット効果について
内因性カンナビノイドシステムについて
CBDとペットについて
空前絶後のグリーンラッシュ。今これからのカンナビスについて
CBD以外にも麻からとれる有効と言われている成分CBN
CBD以外にも麻からとれる有効と言われている成分CBG
ゆずっこママが使用しているCBDの会社KANNAWAYについて


スポンサーリンク



 

LINE@です。
こちらから連絡くださいませ♡

@byu3939k

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。