【中国武術拳法】蟷螂拳ってなんだろ!?蟷螂拳日本史 1980年・1990年代へ!

Pocket

どうも、ヒロです!

今回は蟷螂拳ってなんだろ!?
ということで蟷螂拳の1980年と1990年代の歴史を説明、紹介していきたいと思います!

追加説明もあるのでぜひ、最後までよろしくお願いします!
途中ゲームの話もはいってきます!

では説明していきます!

<講座内容の追加説明>

【蟷螂拳の歴史】

蟷螂拳の創始者と有名なのが王郎という人物が少林寺を訪れた際に少林拳を学び
そこの少林寺の僧と試合をするも敗れてしまったため、王郎は寺を出て各地で流浪し修行を積んでいました!

スポンサーリンク



そんなある日、道端で休んでいた王郎は、蟷螂(カマキリ)が蝿を捕まえていた姿から
インスピレーションを得て王郎が学んできた
十八の門派の技術に蟷螂(カマキリ)が蝿を捕らえる姿を基にして王朗自身が考案した
十二の手法と猿の歩法をとりいれて創始された武術を蟷螂拳名付けたと伝えられています!

ちなみに王朗は蟷螂拳をもって敗れた僧に再戦し二度と敗れることはなく
後に道士達に伝わっていきました

というとこが講座の方に書いた分になります|´-`)チラッ

ここからが追加です(`・ω・´)キリッ

<蟷螂拳の日本の歴史・1980年代>

80年代で日本の蟷螂拳の歴史において
蟷螂拳のみならず中国武術全般を広めた第一人者は松田隆智氏の存在が大きいと思います!

松田隆智氏は

子供向けテレビ番組「ひらけ!ポンキッキ」でカンフーレディという曲の映像に
松田隆智氏が出演し蟷螂拳の套路・力劈拳と崩歩拳など貴重な套路の一部を世界で初めて映像公開!

週間サンデーで連載漫画『拳児』の中で
実在する中国武術家の蘇昱彰氏をモデルにしたキャラクターの
蘇崑崙が蟷螂拳の名人として登場し主人公の剛拳児の師匠として蟷螂拳の強さを世に広めた!

映画『刑事物語』で松田隆智氏が演技指導をし
武田鉄矢氏がハンガーを使ったアクションや蟷螂拳を披露している!・・・とされています

当時、松田隆智氏が日本の中国武術界を牽引できたのは
ー蘇昱彰氏などの中国武術家との交流が大きかったと思います。

80年代は現在と違い中国武術の情報が書籍すらろくになく
松田隆智氏が公開した套路などは名前こそ知ってても謎の技術でしたので
インパクトがすごかったと当時を知る中国武術の先生方からも聞いたことがあります

短いですがーーこんな感じです!

歴史編は90年代へ!

<蟷螂拳の日本の歴史・1990年代>

中国武術ブームを牽引していた!

ジャッキーチェンのアクションムービー
霊幻道士
幽玄道士

等の「カンフームービー」のブームも一段落ついていて中国武術の露出は漫画位になっていました!

この時期は個人的にはですが、ゲームとアニメが
蟷螂拳を含む中国武術を広めた最大の功労者だと思います(`・ω・´)キリッ。

特に蟷螂拳を含む中国武術を広めたのは対戦格闘ゲーム『バーチャファイター』ですね(`・ω・´)キリッ

スポンサーリンク




ちょい話はそれますが
その背景は90年代の今も続編が出る「ストリートファイターII」の
ヒットから始まった格闘ゲームブームは有名なとこで

・餓狼伝説
・龍虎の拳
・サムライスピリッツ
・ヴァンパイア
・ワールドヒーローズ
・MARVEL vs CAPCOM
・ジャスティス学園
・The King of Fighters’ シリーズ
などありました!

The King of Fighters’ シリーズやストリートファイターシリーズ以外は知らない方も多いかも知れません

格闘ゲームでは有名だったネオジオがネオジオミニを出していたり
CAPCOM系もまとめて作品をだしたりしてますので気になる方はやってみてください(`・∀・´)

で、本題に戻りますが上の格闘ゲームでも
中国武術を模した武術はちょこちょこ出てるんですが手から
ビームみたいなドラゴンボール風のキャラでしたのでリアルな武術とは違っていました

バーチャファイターが登場した時は格闘ゲームも
似たようなゲームばかりで新しいタイプを出そうというあたりから
今では当たり前になっている実際の人物から動きを取り込む
「モーションキャプチャー」とポリゴンを使ってドラゴンボール風でない
リアルバトルでの格闘ゲームということでポリゴン使ってリアル路線で作ったのがバーチャファイターでした

売りのひとつが当時は映画やアニメ位しか知られてなかった
蟷螂拳を含む中国武術を各キャラクターがある方は
使うというとこで技も実在する技術で特に八極拳の有名な技「猛虎硬把山」があったりで中国武術好きには特に大ウケでした

ちなみに、蟷螂拳は何故か!?

フランス人の大金持ち・リオン・ラファールというキャラが使いでしたね

バーチャファイター以降は幾つかリアル路線の格闘ゲームが出てきましたが・・・
ーチャファイターはアニメ化したこともあって低学年にも
中国武術を広めたという意味では功績は大きいと思います。

参照させて頂いていますが

「破壊王ノリタカ!』に登場する拳法家チェン・リーが、蟷螂拳を使用している。
漫画『金田一少年の事件簿』に登場する李 波児が「上海魚人伝説殺人事件」で蟷螂拳を披露してい
という漫画で登場したりしています。
金田一少年の事件簿の方はー全然記憶なくて参照で見て驚いたりしてますーー

後で、確認しないとです(ง🔥Д🔥)ง

これは確認してるんですが、映画『七人のおたく』で
格闘技おたくの近藤みのる(内村光良氏)が劇中浜辺で演じる套路が蟷螂拳の「小虎燕」はびっくりでした
しかも指導されていたのが
日本老螳螂拳研究会の根本一己氏が演技指導だったんで余計に驚きました∑( ̄Д ̄;)

スポンサーリンク




『七人のおたく』はマイナー作品ではありますが
(内村光良氏)の運動神経には驚かされたり大物になった(江口洋介氏)などの
今のイメージでは有り得んキャラはある意味必見かもです

という感じが90年代の蟷螂拳事情でした

こんな感じで1980年、1990年代での蟷螂拳歴史でした!
うまく説明できたかどうかわかりませんが
うまく説明できていれば幸いです!

まあ、蟷螂拳よりゲームとかの話が多かったような気もしますがー

興味ある方や、もっと知りたいなど思った方は
ぜひ、中国拳法参加どうですか?

体験だけでも可能です!
参加希望者はこちらから問い合わせ、申し込みお願いします!
https://jmty.jp/s/osaka/les-spo/article-aqgsb

中国武術会 東方不敗
八極拳&蟷螂拳できます

次もぜひよろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。