双子ママの育児日記 突然の不正出血は病気?いえ意外な原因?かも

Pocket

さて、サプリメントの回でちらっと不正出血について触れました。

自己判断ではありましたが、たぶんその時はそのサプリメントが影響したのと間違いないかと思える環境でした。

しかし、サプリメントを経った後も定期的に不正出血は来ました。

いつも決まった時期に出血をするので先生の診断は「排卵出血ではなかろうか」ということに落ち着きました。

 

出典:妊娠・ベビ待ち.com

排卵出血とは

排卵出血は排卵期出血とも中間期出血とも呼ばれているものです。

排卵出血は月経と月経のちょうど中間あたりに見られる出血ですが、毎月続く人もいれば半年に1度程度しか出血しない人もいます。

排卵出血は子宮内膜からの出血なのですが、
おりものが少し赤味がかる程度で1日か2日で出血は止まります。

ただし、ホルモンバランスが崩れている場合には大量の出血がある場合もあります。

排卵出血は生理的で問題のない出血なのですが、この出血と併せて不正出血が出る場合があるので
重なった場合には区別をつけられないというところに問題があります。

排卵出血のすべて参照

ということで生理と次の生理の間に私もやってきました。

そして大体2,3日すると勝手に止まって次の生理がやってくるという体のサイクルでした。


スポンサーリンク



 

 

資料にも

排卵出血の症状は出血の量が少なく期間が短いという、2点です。

毎月必ず見られる出血ではなく出血の量・期間は個人によって異なります。
時には排卵痛という下腹部の痛みを伴うこともあります。

排卵出血のすべて参照

 

とあるように期間も量も少なかったので先生の診断はほぼ間違いないと思い生活を送っていました。

 

 

 

しかし

 

つい最近やってきた「排卵出血」と思っていた「不正出血」は2,3日では終わらず、量は少なかったものの、結局生理まで続きました。

期間にすると11日間。

明らかにこの「排卵出血とは」の定義に反する期間です。

さすがに怖くなった私は、半年ぶりくらいにかかりつけの婦人科へと足を運んだのでした。

 

半年前に診察してもらったときは念のためと内診をし、「性病検査(クラミジアは不正出血することがあるので)」と「子宮頸がん検診」としてもらいました。

もちろん両方とも陰性という診断で安心して帰りました。

 

先生は今回はうーんと言いつつも「内診」・「子宮頸がん検診」・「子宮体がん検診」を受けました。

内診、子宮頸がん検診は前回受けていたので平気な顔をして先生に身をゆだねていましたが、この「子宮体がん検診」。

 

めっちゃ痛かったです( ノД`)シクシク…

 

子宮体がんの検診の仕方

受診者の負担が少ないのでまず最初に膣の中から超音波を当てる「経膣超音波検査」を行われることが多いです。

経膣超音波で子宮内膜の厚さ、形態を調べることで0期の癌(がん)は発見されやすく、おおよそ子宮体癌(子宮体がん)も診断可能です。
その後、子宮内膜を採取して細胞を調べる「子宮内膜細胞診」を行います。

直径2.5~3mmの細い棒で子宮内膜を擦り取る方法と、注射器の先にポリエチレンのチューブを取り付けて子宮内膜を吸引する方法があります。
子宮体部は子宮頚部に比べて痛みを感じやすいのでどちらの方法でも多少の痛みを感じ、検査後2~3日程出血を伴うこともあります。

子宮頸がんと異形成参照

 

この子宮内膜を採取して細胞を調べる「子宮内膜細胞診」が痛かったんです。

子宮頸がんの検診と子宮体がんの検診を二つ一気にしたから内診のときに座る椅子に結構な時間座ってました。

その結構座っていた時間で子宮をかき乱されて気持ち悪くなり、最終的に細い棒で子宮内膜を擦り取ることをされ、もうヘトヘトでした(+o+)

 

できればもうしたくないほど痛いと思った検査が「子宮体がんの検診」でした”(-“”-)”

 

上の引用記事にもありますように検査後に出血があり、出血というか血の塊のようなものが出てきて本気で心配しました。

 

「子宮頸がん」については半年前に検診を受けた時にいろいろと調べまくったので知っていましたが、「子宮体がん」なるものは思いもよりませんでしたし、調べもしませんでした。

 

ちなみに子宮頸がんとは…

20~30代の女性が発症するすべてのがんの中で第1位。

日本では1日に約10人の女性が子宮頸がんによって死亡しています。

子宮の入り口付近、「子宮頸部(しきゅうけいぶ)」にできるがんを、「子宮頸がん(しきゅうけいがん)」といいます。
子宮頸がんになった場合、子宮や子宮のまわりの臓器を摘出しなければならなくなることがあります。

たとえ妊娠や出産を望まない女性であっても、後遺症が残り仕事や生活に影響するなど失うものは多大です。

また、がんがもっと進行した場合、生命そのものに対して重大な影響を及ぼすおそれがあります。

allwoman.jp参照

 

子宮頸がんは30代の私にとっては他人事でない病気の一つということがわかります。

 

そして

 

子宮体がんとは…

子宮は中身がカラの洋梨型をしており、下方の狭い頚部と上方の広い体部の2層に分かれています。

この子宮体部に発生する癌(がん)を子宮体癌(子宮体がん)と言います。
子宮体癌(子宮体がん)にも2種類あり、子宮内膜に発生する子宮内膜癌(がん)が子宮体癌(子宮体がん)の95%を占め、筋肉に発生する肉腫は5%です。
初期段階で発見・治療できれば5年生存率は約85%と高くなります。

子宮体癌(子宮体がん)は閉経前にはめったに起こらず、閉経後の更年期以降になることが圧倒的に多く起こります。

なぜなら、子宮内膜は月経で剥がれるためそこでできた癌(がん)も一緒に剥がれ落ちるからです。
最近は30代の子宮体癌(子宮体がん)も増えていますが、閉経前に子宮体癌(子宮体がん)になりやすいのは月経不順の人です。

ホルモンバランスが崩れるなどで月経不順が起こり、子宮内膜が過剰に増殖し続けると子宮体癌(子宮体がん)が起こりやすくなり、発生した癌(がん)が月経で剥がれ落ちることなく増殖してしまうからです。
従って周期的な月経があれば子宮体癌(子宮体がん)の心配はありません。

子宮頸がんと異形成参照

 

この一般論によると私は子宮体がんになる確率は非常に低いということになります。

○閉経してない

○周期的な月経がある

ので、上記には当てはまらないのです。

 


スポンサーリンク



検診を受けて結果発表は一週間後。

その一週間後に先生の所に行くと、もちろん両方とも結果は陰性。

先生も

「一番怖かったのがこの病気やったから、一安心やね。

まぁ、また出血何回かあって心配やったらまたおいで。」

と言ってました。

 

先生自身も判断がわからない謎の「不正出血」。

 

うーーーーん。

原因がわからないなんて気持ち悪い。

やだなぁ。

スッキリしたいなぁ。

 

と、思い、自分の食生活など、環境について考えてみました。

ここに何か原因があるのではないかと。

 

不正出血がサイクルとして起こるようになってきたのはちょうど私が

 

○グリーンスムージー酵素ダイエットを飲み始めた

○鉄分を補うために鉄の入った第2類のお薬を飲み始めた

○豆乳を毎日200~400ミリリットル飲み始めた

○EMSを使い始めた

 

のこの4点です。

「グリーンスムージー酵素ダイエット」

は3か月くらい飲んですが、最近サボっていたので、ここ2か月くらいは毎日摂取しているわけではありません。

飲んでいた時期も飲んでいない時期も中間期に出血があったということになります。

したがってこれが作用しているとは考えにくいのです。

 

「鉄分を補うために鉄の入った第2類のお薬」

についてですが、鉄をとりすぎての不正出血というのはネットでは書かれていませんでしたし、この鉄のお薬も飲み忘れることがあったり、切らしたりということもあったので、このお薬が作用しているというのも考えにくいのです。

 

「EMS」

についてもEMSは筋肉に働きかけるので子宮になにか影響をもたらすとは考えにくいです。

したがってこのEMSが不正出血に関与しているというのも限りなく低くなります。

 

と、いうことは。

そう!

 

「豆乳を毎日200~400ミリリットル」。

私はコイツが犯人ではないかと睨んでいるのです( ゚Д゚)

豆乳って体にいいからいくら飲んでもいいじゃん!と思っていたのですが。

何やら、度を越えてはいけないようでして…。

 

ネットで「豆乳 不正出血」と検索して見ると…ヒットしちゃったんですよね。

飲みすぎるとよくないと。

 

しかも私の飲んでいたのはこのキッコーマンから出されている「特濃調整豆乳」というやつやったんです。

この大豆が濃縮されたやつを毎日400ミリリットルも飲んでたらそら、あんさん、体が「え?そんなに女性ホルモンいります?」ってなっておかしな行動に出るのも理解できますよね。

このキッコーマンから出てる「特濃調整豆乳」のパッケージにはちゃんと書かれているんすよ。

200ミリリットルって!

 

何事もやりすぎはいけませんね。

 

この特濃調整豆乳を200ミリリットル以下に抑えたところ、次第に不正出血は生理とともに止まりました。

 

今回はマジで焦りました(-“-)

 

勉強になりました。

「体は正直」

だということと

「採りすぎはいかん」

ということ。

 

つづく。

 

関連記事はこちら

オーリングテストにハマった双子ママの最近のニュース

双子ママの育児法⑱育児中のあるある心配事について(ゆずっこ歴20年~私はサブリーダー派~)

双子ママの育児日記~サプリメントの副作用と弊害って?

双子ママの産後日記~産後に髪の毛が抜けやすくなることについて

スポンサーリンク




 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。