双子ママの育児法⑬忘れていたお宮参りと初写真館の話(ゆずっこ歴20年~私はサブリーダー派~)

Pocket

双子ママの育児法⑬忘れていたお宮参りとスタジオマリオとスタジオアリスの話(ゆずっこ歴20年~私はサブリーダー派~)

 

実家に帰る前の大事なイベントを忘れてました(笑)

 

実家に帰った話はこちら…

双子ママの育児法⑫私的育児ノイローゼの回避法と哺乳瓶の話~(ゆずっこ歴20年~私はサブリーダー派~)

 

お宮参りのこと忘れてんじゃん!

私!

 

さて、ここでみなさん質問です。

お宮参りは普通いつしますか?

 

そう

そうですよ

 

そうなんです。

 

生後約1か月後ですよね。

私もネット検索して初めて細かく決まっている日数があったり、地域によっては行う日が違うということを知りました。

お宮参りガイド

 

↑こちらによると

男の子:31日目

女の子:32日目

だそうです。

 


スポンサーリンク



お宮参りについて詳しく知りたい方はこちら↓のサイトで詳しく書かれていますので、参考にしてみてください(*’ω’*)

All About暮らし お宮参りの基

 

おいおい、じゃあうちは男女だから正式だったら別々の日に行なわないかんのかい(笑)

となりますが、先ほど書いたように約1か月後らしいですし、そんなに厳密には行わなくても大丈夫なようでして。

 

って、あんたいつ行ったの?

って感じですよね(笑)

 

実は生後2か月くらいのときです。

 

中途半端(笑)

 

これにはわけがありまして。

 

核家族化している現代のファミリーにおける当たりまえの状況なんですが、私たちの家族はこれといってどっかの神社の氏子に属しているわけではないので、なんの縁もゆかりもない神社でお宮参りするのもアレやなぁって思いまして。

その結果パパンの実家の氏神さんなのかわかんないですけど、有名な神社ですることになりました。

それがたまたまお正月付近だったので帰省も兼ねてしようということになったのです。

 

雪のしんしんと降る中、行われました。

私はオジョウを、お義母さんはボンを抱っこして、着物を着せるという状況でした。

 

 

玉串料は一人5000円でした。

安いほうなのかどうかはわかりませんが、お義父さんが出してくれました。

 

祈祷が終わって帰りにお食い初めのときに使えるお膳を2セットいただきました。

お椀とお汁椀、お箸のセットです。

 

しかし、お食い初めはお義母さんが保存していた立派なお膳がありましたので、そちらを使いました。

なので、このお食い初めセットは今でも押入れで眠っています。

 

さてさて。

何かと記念写真を残す現代社会ですよ。

少子高齢化の日本ならことさら?

 

写真館のほうも何かのイベントにつけては写真撮りませんかキャンペーンを行っている現代。

お宮参り、七五三、ハーフバースデー、マタニティフォト、敬老の日、子どもの日…。

 

そのキャンペーン?に私たちも乗っかってしまいました(笑)

と、いうのもパパンの実家にとっては初孫だったこともあるのでしょう。

予約まですでにしていただいていまして、お宮参りを済ませた後、さっそくそのお宮参り写真なぞというものを撮りに行きました。

私たちが利用したのはこちら。

スタジオマリオという場所です。

カメラのキタムラが展開している写真スタジオだそうです。

 

こういう時のはCMのイメージなどで超大手のスタジオアリスを思い浮かべたのですが、カメラのキタムラなら間違いないだろうと思いました。

 

カメラのキタムラと言えば昔、「♪カメラを買うならカメラのキタムラ、安くて良い品ピーカピカ~♪」というCMが流れていたイメージがあり、老舗の大手カメラ屋さんだから間違いないと思ったのです。

しかし、デジカメになり、フイルムと言われていたネガで写真を焼くだけの時代は終わったのだなぁと。

企業さんもいろいろ大変だなぁと思いました。

 

さて、スタジオマリオに着いてまず、今着ている着物での写真を祖父母親を含めて6人で撮りました。

その後親子4人での写真を撮り、

おじいちゃん、おばあちゃん、お父さん、お母さんの写真の出番は終了。

 

主役は子どもたち二人だけに絞られました。

 

子どもたちは今度はベビードレスに着替えをし、かわいく真ん中にハートのクッションを置かれ、パシャリ。

 

そのあともともと着てきた服がかわいかった(牛の着ぐるみのようなロンパースとうさぎの着ぐるみのようなロンパース)らしく、それに着替えてパシャリ。

 

にしても、スタッフさんはプロですわ。


スポンサーリンク



齢2か月の子どもたちを前にあやす、あやし方がほんまに上手でして。

たまたま撮影スタッフの方は40代や50代の方だったので、ご自分の経験や、このスタジオでの長年の経験がものを言ったのか、本当に上手でスムーズに進みました。

 

でも、こんな仕事も大変やなぁと思いました。

 

あやして、この一瞬を逃さないように撮影をする。

まさしくプロですね。

 

 

まぁそんなことで、なんやかんや撮影してもらいまして、かわいいなぁと思って購入する写真を選んでいきました。

 

気が付けば7万円という恐ろしい金額になっていました( ゚Д゚)

 

当然のようにこの原因は写真のデータが欲しいがために膨れ上がってしまった金額。

データとして残すには何かしらの商品を選ばないといけない。

選ばれなかった写真はその日に消されると状況。

すごい商売だなぁと思いました。

 

絶対悩むもん!

絶対どれもほしくなるもん”(-“”-)”

 

 

私が考えて一番安く多くのデータを手に入れる商品がキーホルダーにすることでしたので、できるだけキーホルダーにしてもらえるデータの枚数を増やしました。

データが欲しい方はこの方法が一番いいかと思います。

このキーホルダーは後日、敬老の日のプレゼントとして役に立ちましたし、実際喜ばれました。

 

写真盾はもう少し値段が張りますし、プレートとなるとそれなりの金額を要することになります。

スタジオマリオ商品金額リンク

 

なので、キーホルダーにしました。

色々なセットとかもあるみたいです。

 

で、当日5万超えたんで、りっぱ8800円相当のプレートをプレゼントしてくれました。

これは私の実家のほうに飾られています。

 

なかなかの出費を経験した私は写真館で撮るときはほんまにちゃんとした記念のときに撮ろうと心に誓いました。

ですので、やれハーフバースデーだ。

やれ1歳だなどというイベントに惑わされないようにしました(笑)

 

イベント好きでお写真残してあげたいなと思う方は通われても全然いいと思います。

プロですし、かわいい衣装もたくさんありますから♡

 

そうそう、ちなみに七五三はスタジオアリスで撮りました。

3歳のときです。

七五三って3歳が男女、5歳が男の子、7歳が女の子ということで、男女ミックス双子の私には一度で二度おいしいのは3歳や!と思ったので、3歳のときに慣行しました。

 

スタジオマリオとスタジオアリスを両方利用して、思ったのはさほど変わりはないということです。

以下にまとめてみます。(完全に独断と偏見です)

 

○スタジオマリオについて思ったこと(撮影料¥3000)

・商品の値段はスタジオアリスよりも安い

・データは早めにもらえるのでいい

・ただ、データCDは5000円もする

 

○スタジオアリスについて思ったこと(撮影料¥3000)

・商品が多いので迷う

・スタジオマリオよりも値段が高く感じる

・ディズニーの衣装があるのはいいが、ディズニーの衣装で撮った写真の場合一枚につき1000円余分に取られるのが高く感じる理由かも

・ブランド物の衣装が多い

・このブランド物も別料金がかかることがあるので注意

・データCDは500円だが、もらえるのは撮影日から1年後というかなり遅めな日になるので忘れそうになる

 

○両方について思うこと

・衣装の豊富さはさほど変わらない

・事前にメルカリやオークションなどでクーポン券を手に入れておくと多少お得になる

 

こんな感じでしょうか。

私が利用したのはたまたまこの2店舗なのですが、地域展開している写真館だったり、個人の写真館でももちろんお写真を撮ることは可能なので、いろいろ調べてみてください。

 

見返してみるとやはりかわいいですね。

そのころの記憶がよみがえってきます。

 

写真館で写真を撮ることは否定してませんよ、私(笑)

お財布と相談しましょう♡

 

では今回はこの辺で

 

つづく

 

関連記事はこちら

双子ママの育児日記⑨(ゆずっこ歴20年~私はサブリーダー派~)~新人ママ3か月目&ワンオペ育児で家出した件について~

双子ママの育児日記⑩(ゆずっこ歴20年~私はサブリーダー派~)~幼児教育を考える編part1~

双子ママの育児日記⑪(ゆずっこ歴20年~私はサブリーダー派~)~幼児教育を考える編part2~

双子ママの育児法⑫私的育児ノイローゼの回避法と哺乳瓶の話~(ゆずっこ歴20年~私はサブリーダー派~)

 


スポンサーリンク



 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。